正しい業者を選ぶ

サービス利用時に注意すること

ロウソク

遺品整理サービスを利用する際はまず、業者選びが重要です。遺品整理という仕事はマスコミなどで取り上げられたことで今では広く知られているサービスで、認知度ともにそのニーズも高まっています。今ではその業者数は数千にも上るといわれているため、どこに依頼するのか決めかねるという方も多いものです。遺品整理サービスの依頼においては、やはり料金が非常に重要です。最近では格安で業務を請け負うところも増えていて、全体的に見ても料金は下落傾向にあります。その一方で、悪質な業者も増えているのが現状です。どうせ処分するものとして乱暴に取り扱ったり、中には料金トラブルに関する報告もあります。そのため、料金だけでなく、問い合わせ時の対応や評判などを参考に総合的な判断が必要です。

遺品整理業者の種類について

遺品整理業者には、まず遺品整理を専門的に行う業者があります。故人の住居から遺すものと処分するものに分け、大切なものは遺族の手元に返すだけでなく、処分品の供養までトータルに請け負うのがこうした専業業者の特徴です。遺族に配慮した作業を企業の特徴としているところも少なくはありません。また、不用品回収業者や引っ越し業者のように住宅の整理・家財品の運搬事業を行う企業が遺品整理に参入している例も多く見られます。専業業者と兼業業者のどちらがいいというわけではなく、希望する内容によって使い分けるとよいでしょう。室内に残るものはすべて処分品であるという場合には兼業業者に依頼しても十分に満足のいく作業が期待できます。